お知らせ

在京白堊会関連サイトへの「投稿のお知らせ」ポータルです。
「お知らせ▽」から掲示場所を選択すると、それぞれの遡上投稿数が増えます。

会報第45号は、9月23日に発送しました。
在京白堊会総会 全員一斉写真(高速Zoom)

部活動への最新投稿
幹事会 年末の幹事会のご案内 2018年11月11日New!
ゴルフ大会 第16回 在京白堊会ゴルフ大会の結果です 2018年11月2日New!
歌の祭り 第19回を8/5(日)に開催 2018年7月16日
レディス会 第14回在京白堊レディス会の開催結果について 2018年7月12日
白堊メディカルクラブ 第5回在京白堊メディカルクラブ総会のお知らせ 2018年3月2日
芸術鑑賞 第10回白堊芸術祭です 2017年12月16日
白堊歌会 2016の活動状況と今後の計画 2017年4月20日

白堊歌会の部屋への最新投稿 見る  New!

「白堊歌会RURU」11月作品

続きを読む
 投稿者:伊奈 裕  投稿日:New!2018年11月 5日(月)17時
「白堊歌会RURU」 2018 11月作品
※感想をこの掲示板にご投稿頂ければ幸いです。

ハロウィーン
国際コースの担任は
小論指導の合間を縫って
ドラキュラの
着替えに走る
             はま栗



Sexy Nature!
つむじを起こし
撮りてつを
のけて鉄路に
烏瓜置く
            村谷 尚



塩害に
土色に化す
庭木々の
葉むら見て立つ
台風の痕
            吉田美雅子



ラッセラー ラッセラーの声
魂になったものたちも
海の山車を追っていく
もう会うことのない人たちと
手を振りあう
              瀧津泉



天空に浮かぶ鱗雲
首筋をなぞる冷やかな風
晩秋の気配を覚えつつ
思いを馳せる
故郷の山川
             だいてんち



わからない方がいい
はっきりし幻滅するより
ぼやかして
想像を膨らませるのも
人生の処世術
            伊奈 裕



「啄木ゆかりの地巡りバスツアー」
で知り合った女性
新しい鶴飼橋が完成した年に
生まれたという
渋民村の樹々が色づきはじめた
             青山すみれ



早朝の
橋の向こうは
霧の海
白い波間に
灯影が舫っている
            山田武秋


*次回は2月
▲たたむ

2018年10月

続きを読む
 投稿者:村谷@S54年卒メール  投稿日:2018年10月28日(日)08時
うつせみの世のならひとや紺色のスーツにネクタイ締めはや四十年!

たまきはる命の隙間を優しさがときに流れて愛もしみでる

我が内でA美R子菊姫よ。笑ってくれ。全てかたづく

パンジーの植替え見れば行く人の顔重なりて異動の季が来る

いち早く色づく桜の葉を見つけ今年もゆくかと寂しかりけり

あしがきの古き恋ではあるけれど会うつど心が燻り切なき

たまさかに技量と心が絵を編みてうそでも美し机上に飾る

あがいてもあがいてもなお時代から取り残されて我ゆき場なく
▲たたむ

2018年9月

続きを読む
 投稿者:村谷@S54年卒メール  投稿日:2018年 9月23日(日)19時
OLの純白シャツにバスト張るまばゆいばかりの夏は来にけり

政治ショー米朝会談、請求が来る属国は蚊帳の外なり

米国の指示でカジノも作るとか?核持つ国には勝てぬとだんまり

猛暑日のシュロに空蝉しがみつく吾《あ》もしがみつくおやじギャグとか

ぷーになると毎日が楽!子は嘆く!失業の妻、朝起きず寝たまま

別れのとき彼女の目を見ていたか?悲しいまなざし今も焼きつく

まだやれる思えど外され窓際でスカイブルーの孤高を見上げる

DBが落ちても誰も気にしない老SEはリカバリ空し

神の意志?乱高下裏に投機あり市場の価値はなぜ有意なのか

果てしない経済人の夢の跡、心貧しきまま皆尽きる

米、菜《な》、魚《うお》と地味な祭壇!神葬の自然の道よりご先祖様来る
▲たたむ

「白堊歌会RURU」9月作品

続きを読む
 投稿者:伊奈 裕  投稿日:2018年 9月 6日(木)18時
「白堊歌会RURU」2018 9月作品
※感想をこの掲示板にご投稿頂ければ幸いです。

八月は
終戦の月
戦争を知らない私が
戦争を知るかもしれない孫を
憂う
          ろろちち



近づきし
火星のひかり
中空に
赤くかがやき
神秘をたたふ
        吉田美雅子



ナイアガラ
材木町の夕市
光原社のラムネ
四人で歩いた
遠い夏の日
        瀧津泉



夕暮れを背に、ふと見上げると
紅く輝く戦いの星マーズ
女神テラとの久方ぶりの逢瀬に
身を焦がして燃え上がる
天空のラブロマンス
         だいてんち



心に生きる故郷
盛岡城・北上川・岩手山
四季折々
岩手山と向き合い
人生を語った
                 伊奈 裕



弟が買ってきた
大きなスイカを
甘いね、甘いといいながら
きょうだいでいただく
緑がまぶしい夏の日
           青山すみれ



灼土を
叩きつける雨に
安眠を破られた龍神
渦雷となって
天に噛み付く
                 山田武秋



上の橋のたもとの
丸竹茶屋がなくなったよ
汗をふきふき氷イチゴを当てにしてたどり着いたら
駐車場になっていたよと聞いたら父はどんなに失望しただろう
でも梅月堂は大丈夫だったのよとお醤油だんごを供える
          はま栗



敗戦忌
フウセンカズラが
ふうらふら
張り子の虎か
9条たゆたう
                 村谷 尚

*次回は11月
▲たたむ

2018年8月

続きを読む
 投稿者:村谷@S54年卒メール  投稿日:2018年 8月25日(土)21時
来内のバイカモ懐かし浴衣着た君と流した笹船何処や

校長の「忍耐《ぬんたい》!」馬鹿にしたつけか今は下流で「んだ」と訛れり

つれあいの足もみしつつくだらんが、ともに暮らす交歓と思う

「生きていて楽しいことをやってくれ」亡き友がふと枕元にいる

Deathwish!終わったSEの墓場とは?WEBの裏ゴミプロ動かす

炎天下青き花梨の下行けば清しさ落ちて汗を忘るる
▲たたむ


白堊関連著書のご紹介  New!
白堊関連イベントのご紹介

在京白堊会掲示板への最新投稿

同窓の展覧会

続きを読む
 投稿者:及川昭伍  投稿日:New!2018年11月 8日(木)23時
11月19日から24日まで、神田神保町すずらん通りの檜画廊で、
グループ窓展があります。5人展です。
白堊S20卒戸田忠祐さん(在京白堊会会長戸田純さんの父君)、
白堊50年卒の三浦千波さん(在京白堊会副会長)が出品します。
▲たたむ

第11回東書フォトコンテスト作品募集中

続きを読む
 投稿者:山田武秋(S42卒)  投稿日:2018年10月12日(金)11時
白堊OBが担当する写真コンテストの作品を募集しています。教科書大手の東京書籍が実施している「第11回東書フォトコンテスト」です。応募資格は一般・学生および小中高校の児童生徒。応募テーマも山野の植物・生物から環境、文化財、年中行事など幅広くなっています。写真撮影が趣味の方、野山などの自然散策が趣味の方、ぜひご応募ください。ネットからの応募フォームもあります。お子様や、お孫様、友人知人で写真がご趣味の方にもお知らせ下さい。応募締め切りは11月30日です。
https://ten.tokyo-shoseki.co.jp/contest/photo/2018/#oubosikaku
▲たたむ

野口田鶴子さん2018年10月「宮沢賢治の世界」公演休演のお知らせ

続きを読む
 投稿者:細越博資(S40卒)  投稿日:2018年10月 2日(火)23時
題記の件、野口田鶴子さんより休演についてのメッセージを預かりましたので添付の通りご連絡致します。
皆様のご理解を賜りますようよろしくお願い致します。
▲たたむ

会報45号発送いたしました

続きを読む
 投稿者:山田武秋(S42卒)  投稿日:2018年 9月24日(月)22時
9月23日(日)、在京白堊会会報45号を発送いたしました。
e在京白堊会にWEB版もアップしております。URLは下記の通りです、
http://www.pmp-jp.com/test/会報/第45号.pdf

今回の会報発送作業は、年次幹事の皆様に幅広くご協力を呼びかけ、
その結果、25年卒及川昭伍元会長、29年卒興津先輩はじめ、20年代から
60年代まで、総勢24名で行い、約1時間半ほどで完了いたしました。
もちろん、宛名シール出力など、藤井事務局長の事前のきめ細かな段取りも
ありますが、ある意味、皆さん、総会担当年次幹事として4~5回以上経験してきた
作業ですので、非常にスムーズに、わきあいあいと終えました。
会報は、一両日中にお手元に届くと思いますので、
どうぞ楽しみにお待ち下さい。
▲たたむ

三浦千波展の新聞記事

続きを読む
 投稿者:25及川昭伍  投稿日:2018年 8月26日(日)12時
8月26日の盛岡タイムスに、三浦千波さんの展覧会に記事が掲載されました。
▲たたむ