お知らせ

在京白堊会関連サイトへの「投稿のお知らせ」ポータルです。
「お知らせ▽」から掲示場所を選択すると、それぞれの遡上投稿数が増えます。

会長メッセージが、3月19日に掲載されました。
会報第47号は、9月23日に発送されました。
  第51回総会懇親会写真集
  第12回白堊芸術祭予告 New!
在京白堊会51回総会 全員一斉写真(高速Zoom)
在京白堊会50回総会 全員一斉写真(高速Zoom)

部活動への最新投稿
ゴルフ大会 第17回 在京白堊会ゴルフ大会ご案内 2019年9月1日
幹事会 会報第47号の発送支援者募集!! 2019年8月21日
レディス会 第15回在京白堊レディス会の報告 2019年7月15日
歌の祭り 第21回「歌の祭り」参加者募集 2019年7月3日
白堊メディカルクラブ 2019/3/2 第6回在京白堊メディカルクラブ総会のお知らせ 2019年2月27日
芸術鑑賞 白堊芸術鑑賞会のご案内 2019年1月3日
白堊歌会 2016の活動状況と今後の計画 2017年4月20日

白堊歌会の部屋への最新投稿 見る  New!

「白堊歌会RURU」11月作品

続きを読む
 投稿者:白堊歌会RURU  投稿日:New!2019年11月 9日(土)22時
「白堊歌会RURU」 2019 (令和元年)11月作品
※感想をこの掲示板にご投稿頂ければ幸いです。

かえり花
アガパンサスの
薄青を
暮秋に拝める
うれしさかな
        村谷 尚


迷ふれど
母の看取りに
サインする
おぼろに見える
十五夜の月
         吉田美雅子


「聞いてない」
「言ったけど」
が増えてくる
秋も深まり
70代
          青山すみれ


走るほどに
沿道の木立が
紅くなっていく
東北道を
北へ向かう旅
        山田武秋


爛漫に咲いたくちなしの
最後の一輪を観ていたら
通りすがりの若夫婦が
「こんにちは」とあいさつ
花の効用か
                伊奈 裕


400年前
幾千の魂が天に昇った
西首塚 東首塚
関ヶ原町
陣跡にふくらむ武者幟
         瀧津泉


9月25日、精密検査の朝
昨日までの
あの勢いの入道雲が姿を消し
空の果てまで続く
なんと爽やかないわし雲よ
            ろろちち


決勝の朝
岐阜にゆく
応援バスの出発待ちて
吹部チア部の
生徒ら華やぐ
           はま栗


燃える情熱と湧き上がる歓声
みなぎる力にほとばしる汗
国や民族を超えたスクラムから
楕円のボールが
勝利と喜びを送リ出す
          だいてんち

*次回は2月
▲たたむ

2019年10月

続きを読む
 投稿者:村谷@S54年卒メール  投稿日:2019年10月26日(土)20時
停電の千葉に還暦同窓がボランティアするも「イイネ」押すのみ

窓際ですることもなく雲ばかり眺めていても僅か二分か

地上げらし虫食いのよう空き地増し群生すタデの赤に染まるか
▲たたむ

専門家

続きを読む
 投稿者:志岐 明メール  投稿日:2019年10月 4日(金)10時
先生と言われるほどのバカでなし。専門家と言われて喜ぶ無知な人。論語読みの論語知らず。
裸の王様は、どうすれば自分が裸と分かるんだ。自分の体を触ってごらん、馬鹿でも分かるはず。

山田様 もう我々、大学卒業して、40年以上たってませんか。文系だ、理系だはやめましょう。話を可笑しく盛り上げるには面白いけど、本当に物の考え方にまで影響しているとは思えません。私は、合理的な思考は我々ホモサピエンス総てにに与えられた能力だと思います。普段は隠されて見えないけど。身の回りの出来事を自分で考え自分の世界観を構築したいという欲求が常にある。そこから原始宗教や哲学が誕生する。だから、哲学は総ての学問のご先祖様。ところが偉い先生が現れると弟子たちは自分で考えるより先生の言うことを信じるように。その方が楽だから。宗教が哲学から枝分かれする。でも、皆が同じことを信じるようになると必ず不都合が生じる。先生は一つの仮説として言ったことが弟子たちは絶対の真理と思ってしまうから。

ところで、以前紹介したホーキング博士の「The brief History of Time」=「時間についての簡単な歴史」。英文で”"brief"が抜けてました。昔読んだ本なので原典も見つかりません。英文で読んだので結構それなりに大変だったけど、ほとんど数式は無いので文系の方でも問題なく読めます。多分翻訳もあると思います。ホーキング博士自身も哲学的な発想でこのような結果を考え付いたのでしょう。
▲たたむ

絶対無の「場所」

続きを読む
 投稿者:山田武秋  投稿日:2019年10月 2日(水)11時
志岐さん、ありがとうございます。水沢の国立天文台水沢観測所が日本代表として参画し世界初のブラックホール撮影に成功したことで、理論上存在すると言われていたブラックホールの実在が証明されたとされています。理論上は、現在の膨張宇宙もいずれ収縮するということも、可能性の一つと考えられているようですが、多分、人類がそれを確認できる確率は極めて低いと思われます。それでも、なのか、だからなのかよくわかりませんが、その先は哲学者の出番になっているようです。たとえば西田幾多郎の「場所」の論理は、ビッグバンの前について、一つの考え方を示しているように思います。つまり「場所」とは「無限の有を含む」とされますが、この考え方に従えば、ビッグバンも「(絶対)無」も場所から起こったということになります。この考え方は多元宇宙(無数の有)を導くものですが、ポイントは「無」とは「有無」の「無」ではなく「場所」であるとしたことです。「空っぽのなにもない場所、妨げるものがなにもない場所」。妨げるものがないから、ビッブバンも可能になるという寸法です。この考え方に立てば、ビッグバンの前にあったものは「場所」ということになり、その後の膨張宇宙も「場所」のなかで展開されている運動の一つ、ということになります。また、この「場所の論理」は、宇宙だけでなく、すべての存在に適用される。たとえば「私」も「場所」のなかで存在し、活動できているといううことになるかと思います。西田のこの哲学は仏教の「無」や「空」の考え方を西洋リベラルアーツの論理、用語でどう表現するか試行錯誤の上、到達した境地のようです。福岡伸一など、今、西田幾多郎を再評価する機運が高まっていますが、その背景には、志岐さんがご指摘のように、キリスト教的世界観の限界が見えてきて、それを超える世界観を模索しているかrだと思います。ただ、文系の私は、西田哲学にしても妄想を膨らませることができても、推論が正しいか見当はずれなものか、検証する術がありません。志岐さんのように、数学的、合理的な思考の基本ができている方とこのような話題を交わせることは、たいへん勉強になります。これからもよろしくお願いいたします。
▲たたむ

ビッグバン

続きを読む
 投稿者:志岐 明メール  投稿日:2019年10月 1日(火)20時
多分おっしゃる通りでしょう。130億年前の我々の銀河の姿と見ているのでしょう。ビッグバンの前には何もない。これは、車いすの科学者ホーキング博士の解釈。彼の著書"HIsitory of Time"に書かれている内容です。膨張する宇宙。時間を逆に進めれば最後は一つの点に収斂してしまいます。ビッグバンが実際にあったであろうことは宇宙背景放射からもほぼ実証されています。でも、その前はどうか。誰も分かりません。数学で言う特異点問題。解析譜能です。でも、ビッグバンの時には宇宙は点であったかもしれませんが、膨大の無限大の質量を宿す宇宙の種だったとすれば無から有が生じたとも言い切れないと思います。時間の話も虚数まで考えるとうまく説明がつくということもあるらしいけど、私には到底理解不能です。ただ言えることは西欧的世界観、特にキリスト教的世界観はもう時代遅れになって来た可能性はあるでしょう。
▲たたむ


白堊関連著書のご紹介  New!
白堊関連イベントのご紹介

在京白堊会掲示板への最新投稿

Re: 【白堊著書】「メートル法と日本近代化 --- 田中舘愛橘と原敬が描いた未来」

続きを読む
 投稿者:事務局)藤井 則夫  投稿日:2019年10月21日(月)08時


> No.565[元記事へ]

吉田春雄さんの投稿記事から、【白堊著書】コーナーへの登録です。

「明治11年東京大學理学部物理学科に入学した田中舘愛橘は、地球物理学の測地学を通してメートル法の合理性に目覚めます。当時から大正時代まで、日本の度量衡体制は江戸時代からの尺貫法、イギリスから海軍に導入されたヤード・ポンド法やドイツ・フランスから陸軍にもたらされたメートル法などの単位系が混在し、産業、経済、軍事から学術にまで混乱をもたらしていました。愛橘は東大助教授の頃、外交官になっていた盛岡藩校同級生原敬と日本の近代化のために度量衡法の基本単位系にメートル法を据えるべく語り合い、盟友になります。
度量衡単位系の混在により日露戦争で弾丸と銃砲の口径が合わなくて苦労したにもかかわらず、
海軍は日英同盟がある限りイギリスの方式を堅持し、貴族院の保守的な議員は日本古来の尺貫法
の継続使用すべしと主張し、愛橘の単位系統一は四面楚歌でした。ところが大正3年に欧州大戦が勃発し、その後日本から大量の輸出をするようになると、産業界から仕向け地に合わせた単位系への要望が高まりました。しかし、学者である愛橘には法を改正する力はありません。
 外交官から政治家に転向し政友会を率いて内閣総理大臣になっていた敬は、盟友の窮地を救うべく内閣に委員会を作り、大正10年に度量衡法を改正して主たる単位系にメートル法を据えました。この改正は目立たないものですが、後の日本近代化を進める大きな礎になったのです。その改正からわずか7カ月後、敬は東京駅で暗殺されます。
 30年後の追悼集会で94歳になった愛橘は、「あの改正は君のお陰だった」と感謝の言葉を述べ、深い哀悼の意を捧げました」

この本は定価1,800円+消費税で一般書店にて販売していますが、盛岡一高卒業生(在校生含む)には須藤鷹千代先輩の支援により送料込み1,000円でお分けします。
希望者は吉田のメールアドレスh55174yoshida@gmail.comあてに、[ 氏名、〒住所、電話番号および支払方法等の連絡のためのメールアドレス ] を連絡してください。グループでも可。

http://www.gendaishokan.co.jp/goods/ISB
N978-4-7684-5863-1.htm

▲たたむ

【自著紹介】「メートル法と日本近代化 --- 田中舘愛橘と原敬が描いた未来」

続きを読む
 投稿者:吉田春雄  投稿日:2019年10月18日(金)15時
自著のあらましを紹介させていただきます。

「明治11年東京大學理学部物理学科に入学した田中舘愛橘は、地球物理学の測地学を通してメートル法の合理性に目覚めます。当時から大正時代まで、日本の度量衡体制は江戸時代からの尺貫法、イギリスから海軍に導入されたヤード・ポンド法やドイツ・フランスから陸軍にもたらされたメートル法などの単位系が混在し、産業、経済、軍事から学術にまで混乱をもたらしていました。愛橘は東大助教授の頃、外交官になっていた盛岡藩校同級生原敬と日本の近代化のために度量衡法の基本単位系にメートル法を据えるべく語り合い、盟友になります。
度量衡単位系の混在により日露戦争で弾丸と銃砲の口径が合わなくて苦労したにもかかわらず、
海軍は日英同盟がある限りイギリスの方式を堅持し、貴族院の保守的な議員は日本古来の尺貫法
の継続使用すべしと主張し、愛橘の単位系統一は四面楚歌でした。ところが大正3年に欧州大戦が勃発し、その後日本から大量の輸出をするようになると、産業界から仕向け地に合わせた単位系への要望が高まりました。しかし、学者である愛橘には法を改正する力はありません。
 外交官から政治家に転向し政友会を率いて内閣総理大臣になっていた敬は、盟友の窮地を救うべく内閣に委員会を作り、大正10年に度量衡法を改正して主たる単位系にメートル法を据えました。この改正は目立たないものですが、後の日本近代化を進める大きな礎になったのです。その改正からわずか7カ月後、敬は東京駅で暗殺されます。
 30年後の追悼集会で94歳になった愛橘は、「あの改正は君のお陰だった」と感謝の言葉を述べ、深い哀悼の意を捧げました」

この本は定価1,800円+消費税で一般書店にて販売していますが、盛岡一高卒業生(在校生含む)には須藤鷹千代先輩の支援により送料込み1,000円でお分けします。
希望者は吉田のメールアドレスh55174yoshida@gmail.comあてに、[ 氏名、〒住所、電話番号および支払方法等の連絡のためのメールアドレス ] を連絡してください。グループでも可。
▲たたむ

第17回在京白堊会ゴルフ大会申込締切を10月2日に変更します

続きを読む
 投稿者:細越博資(S40卒)  投稿日:2019年 9月29日(日)14時
第47号会報(9/24発送)でご案内の通り、10月18日開催の第17回在京白堊会ゴルフ大会の参加申込み締切を9月30日としていますが、まだ組数に余裕があり参加可能ですので、参加希望者は10月2日(厳守)までに至急お申し込みください。
初めて参加される方も、女性会員の参加も大歓迎です。

1.日時:10月18日(金)9:09(OUT、IN)スタート
2.場所:ザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎
     〒301-0857 茨城県龍ヶ崎市泉町原口1592-77
           (Tel)0297-64-0110
3.団体対抗戦、個人戦で表彰
  団体は年次対抗、混成チームも可です。
4.費用
  (1).プレー代(概算):各自清算、セルフ:12,500円、キャディー付き:16,000円(昼食代・パーティ代含む、消費税・ゴルフ場利用税は別途)
  (2).参加費    :3,000円(パーテイ代、商品代ほか)
  (3).送迎バス(往復):7時 東京八重洲新鉄鋼ビル前出発(費用は往復3,500円、片道半額)
5.申し込み及び申し込み先
  卒業年次、氏名、住所(Eメールも可)、電話、送迎バス要否を明記して、申し込み先へ連絡ください。

  なお、本年幹事はS40年卒です。
                                   以上

  連絡先 本年幹事事務局 細越博資
              Eメール:hirohosogoshi@jcom.home.ne.jp
              携帯  090-4425-2616
              電話&FAX  03-6789-6151
▲たたむ

会報47号を発送しました

続きを読む
 投稿者:事務局)藤井 則夫  投稿日:2019年 9月25日(水)06時
昨日24日、会報第47号を発送しました。51回総会の様子や、2019白堊芸術祭のご案内
等が掲載されています。発送作業は今回も事務局が有志を募り、集まったS41卒~63年卒の
19名で行いました。
メール便で一両日中にお手元に着くと思いますので、楽しみにお待ちください。
なお、写真集はURLのWebを参照ください。

https://photos.google.com/share/AF1QipNPrWu8CNhuJOFLTY1GgaArsrtTl1x1NwLFeOePllM2suEFCBwoiBeUyp3KdmZApA?key=cm1RV2o2UURSR2djQWpTUW9raFdkTnVxUnRKcWJR

▲たたむ

第17回 在京白堊会ゴルフ大会ご案内 (申込締切9月30日)

続きを読む
 投稿者:細越博資(S40卒)  投稿日:2019年 9月 2日(月)10時
            本年度幹事団(S40卒) 細越博資、小林昌彦、齋藤修、江尻伸
  本年度は8組予約しておりますので、9月30日(月)までに申し込みください。
初めて参加される方も大歓迎です。幹事団一同、皆さんの参加をお待ちしております。
              記
1.期日: 令和元年(2019年)10月18日(金)
2.会場: ザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎  TEL 0297-64-0110
                   〒301-0857  茨城県龍ヶ崎市泉町原口1592-7
3.①集合時刻:8:20 (時間厳守)  ② プレー開始:9:09(OUT、IN同時スタート)
4.費用:
    ①プレー費 (各自で精算)
  セルフ、キャディー付きのどちらでも可能としますので、申込用紙の所定の箇所に
  丸印を記載願います。 セルフ:12,500円、 キャディー付き:16,000円
          (昼食代・パーティ代含む、消費税・ゴルフ場利用税は別途)
  ②参加費; 3,000円 (賞品代ほか)
5.個人戦
    ①18ホールズ ストロークプレー、ハンディはダブルペリア方式(HD上限36)
6.団体戦(卒業年次別対抗戦)
    ①卒業年次3名又は4名で1チーム。3名未満の場合は、幹事が混成チームを編成
    ②1チームの上位3名の合計スコアで順位を決定
    ③混成チームも、団体戦の対象
7.表彰
    ①個人戦:?優勝 ?飛び賞 ?奨励賞 ?ドラコン賞・ニアピン賞
    ②団体戦(卒業年次別対抗戦): 優勝チームの各人に優勝賞品を授与
8.送迎バス
    東京駅八重洲鉄鋼ビル前~会場間の往復送迎バス(サロン付)を用意します。
   (往復 3,500円、片道半額)
9.在京白堊会年会費
  本大会は、在京白堊会から補助をいただき開催していますので、未納の方は当日
  受付にてお納めいただきますようお願いします。(年会費2,000円)
10.本年度の幹事の窓口:細越博資
  住所  〒174-0063 東京都板橋区前野町3-1-1-221
   E-mail hirohosogoshi@jcom.home.ne.jp
      携帯  090-4425-2616
   電話&FAX  03-6789-6151
                                   以上
▲たたむ

白堊同窓会総会のご案内です

 投稿者:事務局)藤井 則夫  投稿日:2019年 8月22日(木)12時
白堊同窓会・総会の案内が来ていますので、お知らせします。

なお、当会は支部ではありませんが、在京分として事務局で取りまとめる

ことも出来ます。その際は、9月12日までのメール返信をお願いします。

http://pmp-jp.com/clipbbs/mailto.cgi

▲たたむ

高校野球

 投稿者:S42・佐藤(泰)  投稿日:2019年 7月15日(月)08時
高校野球の季節になりましたが・岩手県大会は全試合インターネットで受信可能です。下記
岩手朝日TVのURLをご覧下さい。↓

便利な時代になったものです。甲子園目指して、ファイト一高!

http://www.yakyu.iat.co.jp/2019/

▲たたむ

盛岡一高58

 投稿者:角田郁生  投稿日:2019年 6月22日(土)17時
盛岡一高58年卒業生のFacebookのページがございます。「同窓のサイト一覧 http://www.hakua.org/tokyo/link.html 」にはリストされておりませんので、加えてはどうでしょうか?

Facebookの「盛岡一高58」のURLは以下です。

https://www.facebook.com/groups/1501535646550630/

https://www.facebook.com/groups/1501535646550630/

▲たたむ

とってもお得な鎌倉彫教室のお知らせ

 投稿者:事務局)藤井 則夫  投稿日:2019年 6月18日(火)08時
【白堊イベント】
 希望者は、下記の菊池様まで、ご連絡ください。

 7月 7日(日)鎌倉彫教室 鎌倉にて開催 講師 千葉祐治
  ①鎌倉彫会館にて体験教室 午前10時からの2時間コース
       ・丸盆(直径17cm)  に小刀で彫ります
       ・図案は 鳥、魚、柘榴、椿、桔梗、桜、紅葉の7種類から選択
       ・受講料 3,200円(丸盆こみ)
  ②鎌倉彫会館にて昼食  希望者で鎌倉彫の器で食事ができます(精進・刻御膳¥1620など)
  ③鎌倉彫資料館見学   鎌倉彫会館3Fの資料館にて室町時代以降の鎌倉彫を見学(¥300)
  特典: 鎌倉彫の漆、本塗りが13,000円のところ、無料
  鎌倉彫会館ホームページ http://kamakuraborikaikan.jp/
####################################
菊池 恒雄 七夕会事務局
〒263-0051千葉市稲毛区園生町1223-13E-312
?043-252-3223 携帯080-1360-7687
kikuchitsuneo@gmail.com
####################################

http://kamakuraborikaikan.jp/

▲たたむ

50年史が返送されました

 投稿者:事務局)藤井 則夫  投稿日:2019年 3月25日(月)14時
2月20日に配達手続きをした50周年記念誌が、荷物配達というプロセスの中で、
次の14名の方への配達が「ビル名が書かれていない」という理由で返送されて
来ました。いずれも、在京白堊会報はシッカリ届けられたようです。

1)S39卒 秋田律子様
6)S59卒 井上めぐみ様
10)S61卒 根本郁子様
11)S61卒 渡辺 展様
12)H01卒 小島貴美子様
13)H01卒 臼井 徹様
14)H01卒 千葉 崇様

省略しない住所を事務局までご連絡願います。
また、この情報にお気づきの方は、ご本人に連絡して差し上げて下さい。
よろしくお願い致します。

連絡URL:http://pmp-jp.com/clipbbs/mailto.cgi

在京白堊会 事務局長  藤井則夫

http://pmp-jp.com/clipbbs/mailto.cgi

▲たたむ