お知らせ

在京白堊会関連サイトへの「投稿のお知らせ」ポータルです。
「お知らせ▽」から掲示場所を選択すると、それぞれの遡上投稿数が増えます。

会報第44号の発送を実施しました。
会長ブログABABA'sノートをご紹介します。
在京白堊会総会 パンフレット
在京白堊会総会 全員一斉写真(高速Zoom)

部活動への最新投稿
レディス会 第14回在京白堊レディス会の開催について 2018年6月8日New!
幹事会 50周年記念誌への投稿のお願い 2018年5月26日
白堊メディカルクラブ 第5回在京白堊メディカルクラブ総会のお知らせ 2018年3月2日
歌の祭り 在京白亜有志で歌の祭り第18回開催報告 2018年2月13日
芸術鑑賞 第10回白堊芸術祭です 2017年12月16日
ゴルフ大会 第15回ゴルフ大会ご案内 2017年8月6日
白堊歌会 2016の活動状況と今後の計画 2017年4月20日

白堊歌会の部屋への最新投稿 見る  New!

「白堊歌会RURU」6月作品

続きを読む
 投稿者:伊奈 裕  投稿日:New!2018年 6月 8日(金)17時
「白堊歌会RURU」   2018  6月作品
※感想をこの掲示板にご投稿頂ければ幸いです。

赤色のタワー
夜の東京
立っている
遠く 近く
家族四人の冒険の旅
                瀧津泉


夜空の雲に隠れるように
フルムーンとジュピターが
手に手をとってそぞろ歩き
朝焼けを背に
静かに去っていった
                 だいてんち


61年前の小学時代に
タイムスリップ
全てをさらけ出し
笑った笑った
夢のようなクラス会
                       伊奈 裕


ふと目を覚ます
いま朝? 夜?
スマホで気づく夕暮れ時
熟睡した
寝落ち
                 青山すみれ


停年過ぎた
悪友三人の飲み会
誰も他人の話に
耳傾けず
自分語りする
               山田武秋


今日田んぼに水が入りました
夏至の日まで三週間
夕暮れの畦道を車のライトが通ると
水槽の底から蛙の声が湧きあがる
車列は皆窓を開けている
                  はま栗


青空が
死んだ目にあり!
あづさゆみ
本気の自分に
再度会いたい
                       村谷 尚


色珍しいアジサイの
写メを送れば
遠方より
訪いくれる友のいて
嬉しい
                  ろろちち


春花の
加速して咲き
あわただし
四月に夏日
九日あれば
                吉田美雅子

*次回は9月
▲たたむ

2018年5月

続きを読む
 投稿者:村谷@S54年卒メール  投稿日:2018年 5月27日(日)22時
百千鳥&新入生と堀船の校舎賑わう傍《はた》で花散る

葉桜のみずみずしさが羨ましい皺面向けてスマホチェックす

かりこもの心もしのに君の名を叫びて自涜すプチ荒凡夫

あまくもの別れのわけを告げられぬ我が心は遊びにあらずも

性善説などないネットの申し子に道を説けどもスルーされけり

デマゴーク=フェイクニュースのネット世界デモクラシー死し何が来たる?

エネルギー物流なくしてAIの時代が無理ならサイボーグになれと!

学校でプログミングを教えても役にたたぬと現場は怒れど

三パーでも公教育から人材が出れば可なりと企業ほくそ笑む

うるわしき中学教師の唯物史観いまだ心であがきてわりなし
▲たたむ

2018年4月

続きを読む
 投稿者:村谷@S54年卒メール  投稿日:2018年 4月23日(月)22時
あざやけしフェロモン放つまぶすけにふられてミューズをスマホ飼いせむ

むらぎもの心に住みつく初恋の女《ひと》は永遠《とわ》にブルマの少女

ゆうづつの夕べの駅でゆくりなく逢えばハグした妹《いも》し思ほゆ

ぬばたまのアスファルト割りて異形なるスミレ草がにょきと咲きぬ

シンプルで明るい現実合理主義を向けど頭上にまた浮浪雲

戦争も温暖化ほか原発も業がなせるか解脱がたし

病棟の下のヒナギク誰《た》が植えた?癒され己を暫し忘れぬ

無粋なる言葉遊びの人去りて昭和の残滓またひとつゆく

政官の私物化強弁レベル低し!が、どこまでも日常は続くかのよう
▲たたむ

「白堊歌会RURU」 4月作品

続きを読む
 投稿者:伊奈 裕  投稿日:2018年 4月11日(水)11時
「白堊歌会RURU」 2018   4月作品
※感想をこの掲示板にご投稿頂ければ幸いです。

オホーツクブルーの空
北の大地が熱くなる
そだねー、おめでとう
選手と大観衆が一体
笑顔涙顔入り混じる
              伊奈 裕


在京白堊会会報を初めて見たと
岩手の歯医者さん
写真のなかの同窓生たちをみつけ
じいっと見入る
会報を通して白堊の交流の輪がひろがる
            青山すみれ


雪解け水を
たっぷりと吸い
小枝が白く輝きだす
芽吹き前の
川岸の柳たち
            山田武秋


きのう藤枝
きょう所沢
桜とつけば何でもうれし
『さくらうどん』に
花びら受けて味わう
             はま栗


311
山田駅他
流されぬ
虚栄オーライ
不易の首都駅
               村谷 尚


シューシュー・シャカシャカ
湯がたぎり茶が香る
円相の妙
円窓の花
いっときの和み
                   ろろちち

かもめ飛ぶ
海辺の空は
限りなく
清き世界が
広がりてをり
                吉田美雅子


父母が昔に買った墓地
やっと今日訪れました
この土のなかに
眠るのね
雑木林には桜とたんぽぽ
                瀧津泉


春光に
映える水面の
花いかだ
分け行くボートに
影ふたつ
                  だいてんち

*次回は6月
▲たたむ

2018年3月

続きを読む
 投稿者:村谷@S54年卒メール  投稿日:2018年 3月25日(日)11時
四十年永年勤続国会デモ!我が主義主張は抜け殻なれど(笑)

この国にデモクラシーは必要か永久《とわ》にいらぬな利口な奴には

司馬遷はなぜ刺客列伝を残したか?今の若きはほぼ利口です

「それでも民主主義なのさ独裁よりはまし」友は言う

「中央集権は日本には合っていない」友は言う

「驕れるTOPに諫言なき政治で長く栄えたためしなし」友は言う

青白く怨念燃ゆる議事堂の天面《あまづら》のした月かたぶきぬ

茜さす主上のために死したのは正成のみか小島法師よ
▲たたむ


白堊関連著書のご紹介
白堊関連イベントのご紹介

在京白堊会掲示板への最新投稿

第50回在京白堊会開催

続きを読む
 投稿者:山田武秋(S42卒)  投稿日:2018年 5月19日(土)22時
本日5月19日(土)、第50回在京白堊会が盛大に開催されました。参加者は約320名。
とり急ぎ、会場風景を1シーン、アップさせていただきます。
61年卒幹事の皆さん、総会・50周年式典・懇親会をどうもありがとうございました。
▲たたむ

第7回青森白堊会開催(5月12日)

続きを読む
 投稿者:山田武秋(S42卒)  投稿日:2018年 5月15日(火)07時
5月12日(土)、第7回青森白堊会がホテルニューキャッスル弘前で開催されました。
青森では現在150~200名の白堊OBが活躍しておられるとのこと。出席は約1割の方でしたが
総会前の宮沢賢治記念館・牛崎敏哉さん(S48卒)の講演は一般の方にも解放され、
10数名の一般の聴講者も来場されました。
青森白堊会の会長は、下の記事の芝孝也さんと同期の三田禮造さん(S33卒)。最高齢は
26年卒・宇藤功さん、27年卒・菅原泰男さんはいまだにフルタイム、現役でご活躍されて
いるということでした、事務局の村田有志さんは、疾風会同期で、剣道部のときのキャップテン。
42年卒は、まだまだ津軽では青二才。青森パワーに圧倒された会でした。
今週末は在京白堊会総会。皆さんんとの再会を楽しみにしております。
▲たたむ

外山浩子さんを悼む

続きを読む
 投稿者:25及川昭伍  投稿日:2018年 4月30日(月)17時
外山浩子さんには、本当にお世話になりました。
30年前には、在京白堊会20年史の編集委員として、編集委員長の私を助けていただきました。
20年前に、私が在京白堊会長となったときには、女性初めての副会長を務めていただきました。
パーキンソン病で大学病院に入院された時には、お見舞いに伺いましたが、担当の教授が、白堊の後輩でした。
その後あまりお会いする機会がありませんでしたが、昨年車いすの外山さんとお会いしたのが最後になりました。
葬儀には、体調が悪くて参列出来ませんでしたので、個人として生花と弔文を送り、ご逝去を悼むとともに、ご冥福を祈念いたしました。
▲たたむ

外山浩子さん(S31卒)のご逝去を悼んで

続きを読む
 投稿者:山田武秋(S42卒)  投稿日:2018年 4月15日(日)15時
外山浩子さん(S32卒)ご逝去のお知らせに接し、痛恨にたえません。
在京白堊会の活動に参加し始めたころ、ちょうど10年先輩に当たる外山浩子さんは
強面の錚々たる白堊大先輩に気圧され気味な私たち後輩を、姉のように優しく迎えて
くれたマドンナでした。外山先輩に導かれて今日の在京白堊会の隆盛があると思って
います。
昨年暮れの白堊芸術祭でお会いしたのが最期になりましたが、思えば、あのとき、
白堊の後輩たちにお別れに来てくれたのですね。どうもありがとうございました。
いまはただ、心より御霊前に哀悼の意を表し、お悔やみ申し上げます。

▲たたむ

柴孝也先生(s33卒)衆議院より感謝状

続きを読む
 投稿者:山田武秋  投稿日:2018年 3月30日(金)09時
柴孝也先生(s33卒)が衆議院より感謝状を贈られました。
▲たたむ