年次別掲示板投稿状況

在京白堊会関連サイトへの「掲示板投稿のお知らせ」ポータルです。
「年次別集約掲示板 ≫」から年次を選択すると、それぞれの遡上投稿数が増えます。

白堊応援団30掲示板への最新投稿

まんつおもしれ映画だ

続きを読む
 投稿者:白堊應援圑30 星  投稿日:2018年 6月11日(月)22時
映画「終わった人」!
内館牧子が原作の映画「終わった人」(中田秀夫監督)が面白い。盛岡市中央通1丁目「佐藤写真館」や高松の池、櫻山神社前の飲み屋街等を舞台に、俳優の舘ひろしが演じるエリート銀行員の主人公が、出向先を定年退職し、再就職で大変な目にあい、妻にも愛想をつかされ傷心身で故郷の盛岡に戻り、写真館を継いだ高校時代(南部高校という聞いたことのある、一高がモデルの高校)の旧友に再会したり、部活仲間と母校のラグビーの試合を応援したり、同級生と飲んだり、元気づけられたり、さんさを踊ったりする場面を中心に、盛岡弁の使い方がなかなかよかった。「北上川の向こうに見えた雪をかぶった岩手山がの風景が良い。
▲たたむ  ▲TOP

女子応援委員誕生に思う

続きを読む
 投稿者::白堊應援圑30 星  投稿日:2018年 6月 3日(日)10時
昨今の盛岡一高は、男女生徒との比率は50/50となった、また、高体連高出の活躍は県大会、全国大会を通じて女子活躍(優勝・準優勝)が目立っている。ということは、当然ながら女子応援委員による旗振り応援を行うべきであろう。
平成10年に、校舎屋上の応援練習を見学に行ったところ、応援着姿の女子が居たので、ついに女子応援委員が始まったか!と思い旗振り練習しているのかよ尋ねたら、自主的に応援委員をサポートしているのだという話であった。応援委員として立候補する制度はまだできていなかったらしい。その後、野球応援などの折に見に行ったが、女子の応援委員は居なかった。
今年になって、白堊通信の記事や、在京白堊会総会の場で川上校長と話をする機会があり、女子の応援委員着任を知った。応援委員も男女2名ずつで在校生の比率と同じである。今後は、お互い切磋琢磨して伝統ある白堊応援を引き継いでほしいものだ。いまや、弊衣破帽は豊かな社会においては現実的でない、質実剛健とはぼろぼろの服装を言うのではなく、質素な生活をして忠実自彊の精神で生きていくことである。今後が楽しみである。
▲たたむ  ▲TOP

毎日新聞岩手版記事

続きを読む
 投稿者:白堊應援圑30 星  投稿日:2017年 8月 5日(土)00時
8月4日掲載分の記事は、下記URLで読めます。

https://mainichi.jp/articles/20170804/ddl/k03/100/049000c

▲たたむ  ▲TOP

盛岡一高の記事掲載について

続きを読む
 投稿者:白堊應援圑30 星  投稿日:2017年 8月 2日(水)15時
 来たる8月4日(金)を第1回目として、毎日新聞東北6県共通地域面に
「母校をたずねる」が8回にわたり掲載されます。
 心に残る先生や友人の思い出、学校行事や部活動への取り組み、後の
人生への影響などを、著名な卒業生にインタビューするものです。
 これまで、浦和高校(埼玉)、新宿高校(東京)、小田原高校(神奈川)などが
紹介されております。
 この4月からは、東北へも枠が拡大され、4、5月が福島県、6、7月は山形県
の高校が紹介され、岩手県は、8、9月があたっています。
 そこで、県内からは盛岡一高を紹介させていただきたいと相なった次第です。
 「県内屈指の名門校の魅力を改めて示し、先輩たちの活躍ぶりを記することは、
学校のみならず地域の方たちにとっても誇りになると考えます。」(毎日新聞盛岡
支局長談)ので、ぜひご高読いただきたくご案内申しあげます。

掲載日
第1回        8月 4日(金)
第2回        8月17日(木)
第3回        8月25日(金)
第4回        9月 1日(金)
     以後毎週金曜日
第8回(最終回)  9月29日(金)

  最終回の9月29日(金)には、同窓生の皆さんからの本連載を読んでの感想や
自身の思い出などが掲載されるとのことですので、期間中のメールやFAXなどを
ぜひ毎日新聞宛お願いしたいと思います。
                             以上
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
在京白堊会 事務局
▲たたむ  ▲TOP

年に一度は、白堊に浸る・・・

続きを読む
 投稿者:白堊應援圑30 星  投稿日:2017年 5月 2日(火)08時
在京白堊会総会
平成29年5月13日(土)開催
2017-05-13(土)15:00 - 20:00
東京ガーデンパレス(御茶の水) ?
〒113-0034 東京都文京区湯島1丁目7-5

http://www.hotelgp-tokyo.com/

▲たたむ  ▲TOP

「白堊三四会 喜寿の会」のお知らせ

続きを読む
 投稿者:白堊應援圑30 星  投稿日:2016年11月19日(土)21時
日時 平成28年11月29日(火)13時~15時 (受付12時30分)
会費 6,000円(当日受付で支払)
場所 アルカディア市ヶ谷 (私学会館)クリック⇒ http://www.arcadia-jp.org/top.htm
   ※還暦の祝いの会と同じ場所です。
    東京都千代田区九段北4-2-5 TEL 03-3261-9921
    東京駅からは、中央線快速(新宿方面八王子、青梅行き)⇒ お茶の水下車
    同じホ-ム向かい側の 中央線各駅停車(総武線):新宿行きに乗換え、市ヶ谷下車
参加 44名の参加申込がありました。当日の急遽参加OK。飲んで食べて、フリートークで楽しみましょう。 
▲たたむ  ▲TOP

白堊51会 のリンク変更のお願い

続きを読む
 投稿者:八重樫@白堊51会HP管理人  投稿日:2016年 9月18日(日)19時
白堊應援團30管理人様
白堊51会HPへのリンク有難うございます、S51卒の八重樫恵一です。

さて、白堊51会のホームページを、従来のサービス終了に伴い引っ越しました。
お手数を掛けますが、白堊51会へのリンクを、以下の URLに変更をお願いします。
http://yaedon.la.coocan.jp/
また、こちらからもリンクさせてください。

以上、宜しくお願いします。

http://yaedon.la.coocan.jp/

▲たたむ  ▲TOP

白堊三四会の諸君

続きを読む
 投稿者:白堊應援圑30 星  投稿日:2016年 8月28日(日)19時
http://www.hotel-newcarina.co.jp/index.html白堊同窓会開催のお知らせ

来る、10月15日(土)に平成28年度白堊同窓会 が
ホテルニューカリーナ(アクセス等詳細は下記URL参照)にて13時より開催されます。
http://www.hotel-newcarina.co.jp/index.html
総会の主な内容(今度の担当は平成4年次)
○講演「命の軌跡~地元紙としての震災5年報道」
講師 神田由紀氏(岩手日報東京支社編集部長)
○28年度事業について
震災復興支援事業
海外派遣事業
キャリアアップ講演会 他
詳細は下記URLクリック
http://9209.teacup.com/hakuatokyo/bbs/460
つきましては、出席希望の白堊三四会の方は、お手数ですが
代表幹事昆守行に、9月12日ごろまでにご連絡ください。
よろしくお願いします。
▲たたむ  ▲TOP

波乱の幕開け2016年

続きを読む
 投稿者:白堊應援圑30 星  投稿日:2016年 1月12日(火)22時
松の内からきな臭いニュースが流れて善良な市民をおののかせ、
株式は6日続落で金の亡者を泣かせている。
世界の平和はいつ来るのやら。
一方で、白堊野球部はいつ甲子園に連れて行ってくれるやら・・・
どちらも待ちどおしい!!

http://hakuouendan30.official.jp/

▲たたむ  ▲TOP

さもありなん

続きを読む
 投稿者:白堊應援圑30 星  投稿日:2015年 7月17日(金)07時
単なる進学校にされてしまった学校は、もはや應援歌練習の洗礼を受けて一人前の白堊生となる。
などということはないでしょう。あそこは、もう別な学校だと感じています。

当時は、バンカラ盛岡中学の伝統が残る、文武両道、質実剛健、弊衣破帽というバンカラにあこ
がれて入学した者が多く、生徒会で承認された應援委員が行う應援歌練習は学校行事であり、
義務として参加する雰囲気があった。当時も(強い)運動部は最初から出なかったりキャプテン
が来て途中から連れ出したりしましたな。運動部で校歌・應援歌を歌えない者が居ます。
逃げ帰ろうとする者を校門や通用門で見張ったこともあるけどほとんど居なかった。
浪人で入学したした者は心情が分かるので見逃したこともあったっけ・・・
今は、応援団となり部活ですので参加を強制できないのでは?
それに、体育館に黒幕張っておどろおどろしいお化け屋敷みたいな仕立てで進入生を脅かし
て従わせるというのは無理がありますな。

女生徒が半数を占めている現状では応援団に女子が居るので旗も振らせたり、扇子をやらせ
たり女子にもアピールする必要があるでしょう。
しかし、ブラスバンドとチアガールがお勧めです。貴君たちが3年のときに私が中央執行委員で
ブラスバンドを作ったのは現状を予見したからです。赤沢たちにそれは許せないと詰め寄
られて時期尚早と思い、当面は應援には使わないと約束し現在文化部として活動しているはずです。

http://hakuouendan30.official.jp/

▲たたむ  ▲TOP
  ▲TOP