年次別掲示板投稿状況

在京白堊会関連サイトへの「掲示板投稿のお知らせ」ポータルです。
「年次別集約掲示板 ≫」から年次を選択すると、それぞれの遡上投稿数が増えます。


白堊43会掲示板への最新投稿

イーハトー部に入ろう!

続きを読む
 投稿者:澤藤隆一  投稿日:2018年 4月19日(木)17時
岩手県地域振興室で活躍しておられる清水健司さん(前岩手大学工学部教授)から、いわて暮らしサポートセンター(ふるさと回帰支援センター内)のイベントについてご案内がありましたので、在京盛岡広域産業人会のホームページの「イベント案内・・・来てけろ~」のところに載せました。
http://zaikyomwaio.html.xdomain.jp/Moriokakouiki.html
ご興味のある方は是非お出掛け下さい
▲たたむ  ▲TOP

講演会「啄木と原敬」のお知らせ

続きを読む
 投稿者:森義真(S47)  投稿日:2018年 2月 5日(月)23時
岩手の誇るべき先人である石川啄木は、平民宰相として名高い同郷の原敬とは、どのような関係にあったのか、具体的には「借金魔」の啄木はどうして原敬を頼らなかったのか、などのいくつかの疑問に対して、史実・資料に基づきながら推論をご紹介します。
講演会は下記の要領です。よろしかったら、おいでください!

啄木生誕の日館長講演会 2018年2月20日(火)~啄木132回目の誕生日です
場所:渋民公民館2階大会議室(姫神ホール併設)
講師:森 義真(石川啄木記念館館長、白堊S47卒)
演題:「啄木と原敬」
参加費:無料  申し込み不要(直接会場にお越しください)
(定員はありますが、多い場合には机といすを増設します)
▲たたむ  ▲TOP

九戸政実の乱

続きを読む
 投稿者:澤藤隆一  投稿日:2018年 1月25日(木)05時
NHK-BSプレミアムで毎週木曜日20時から「英雄たちの選択」という番組があり、秀吉VS“山城”スペシャル第2回…1月25日(木)「天下統一最後の戦い 奥州・九戸政実の乱」が放送されます。岩手県最北部二戸市の山城が物語る天下統一最終戦の知られざる真相に迫るそうです。天下の秀吉に立ち向かった武将、九戸政実(まさざね)は最後騙し討ちに会ってしまいます。14万の大軍で、ここを攻めた秀吉のねらいは?秀吉軍をはねかえした九戸城の特殊な構造とは?出土した人骨はなにを物語るのか?城郭考古学者千田嘉博さんの現地報告を交え、知られざる九戸政実の乱の実像を紹介する・・・そうです。お知らせはhttp://hakua43tokyo.waremowaremoto.com/hakua43oshirase.htmlをご覧下さい。
▲たたむ  ▲TOP

古希を祝う会

続きを読む
 投稿者:澤藤隆一  投稿日:2017年12月 7日(木)11時
2018年の在京白堊43会新年会は盛岡と合同で「古希を祝う会」として1月27日(土)15時から岩舘君の経営する盛岡の料亭・駒龍で行います。詳しくはホームページをご覧ください。

http://hakua43tokyo.waremowaremoto.com/hakua2018info.html

▲たたむ  ▲TOP

若松信行君ご逝去

続きを読む
 投稿者:澤藤隆一  投稿日:2017年10月 1日(日)22時
謹んでお知らせ申し上げます
我らが応援団長 建築家の若松信行君が2017年10月1日(日)9時27分 薬石効なくご逝去されました
葬送日程は
 1.通 夜  10月3日(火) 17時  北山浄光会館
 2.火 葬  10月4日(水) 11時  やすらぎの丘
 3.葬 儀  10月5日(木) 11時  報恩寺
なお、白堊43会から生花を贈ることにしました
若松君は一昨年の「君と出会って50年」の会でも司会から本締めまでやってくださいました
謹んでご冥福をお祈りいたします
合掌
白堊43会ホームページ「訃報」をご覧ください
http://hakua43tokyo.waremowaremoto.com/Fuhou.html
▲たたむ  ▲TOP

戸田公明君を囲む会

続きを読む
 投稿者:澤藤隆一  投稿日:2017年 9月 7日(木)11時
在京白堊43会 各位
今年も9月23日(土・秋分の日)三陸大船渡・東京タワーさんままつりが行われます。
大船渡市長の戸田公明君が9月22日(金)夜に芝のホテルに泊まるそうなので、近辺で18時半~2時間くらい懇親できる方、澤藤まで連絡下さい。急な話で申し訳ございません。会費4千円くらいで場所探します。昨年は内幸町の南部どりでした。
いいところ知っているよという方、澤藤へメール下さい。
場所を決めたら在京白堊43会ホームページに載せます。
なお、私は9月7日~10日、盛岡・岩手大学~雫石・鶯宿温泉~八幡平市・新安比温泉~二戸市・南部美人~盛岡・西見前~郡山・磐梯熱海温泉とツアーして参ります。

http://hakua43tokyo.waremowaremoto.com/

▲たたむ  ▲TOP

蔵本君との再会

続きを読む
 投稿者:大澤邦雄  投稿日:2017年 5月12日(金)17時
一昨日(5月10日)、何十年ぶりかで大船渡を訪れました。
コンクリート・ブロックの自宅を建てた後に亡くなったが、その頑丈な家のお陰で大津波から妻の命を救う事になった赤崎地区に残る三浦氏(娘さんがS50&S53)の家を見学した後、某病院を任されている蔵本君を急遽訪問しました。
勤務中にも関わらず時間を取って貰い、48年ぶりの再会を果たしました。風格がありましたが、美男子の面影が残っていました。私はすっかり面(&腹?)変わりしていたそうですが、この大きな声と話し方で分かったそうです。仕事の邪魔をしてはいけませんので、短い歓談だけで、来年は同じく同窓である厨川中のイベントが計画されており、そこでの再会を約して別れました。
思い立ったが吉日。思い出に残る良い日でした。
▲たたむ  ▲TOP

遊座昭吾先生ご逝去

続きを読む
 投稿者:澤藤隆一  投稿日:2017年 1月 8日(日)09時
謹んでお知らせ申し上げます
遊座昭吾先生が2017年1月6日22時15分逝去されました
享年91歳(満90歳)でした
火葬  9日14時 盛岡市斎場 やすらぎの丘
葬儀 10日11時 渋民・宝徳寺
43会から生花を贈ると岡田君から連絡がありました
訃報については山田武秋さん(S42)が在京白堊会掲示板に岩手日報の公告を転載されておられますのでご覧下さい
遊座昭吾先生の東京での講演は下記に掲載していますhttp://hakua43tokyo.waremowaremoto.com/YuzaFinalresult090426.html

http://hakua43tokyo.waremowaremoto.com/

▲たたむ  ▲TOP

白堊51会 のリンク変更のお願い

続きを読む
 投稿者:八重樫@白堊51会HP管理人  投稿日:2016年 9月18日(日)19時
白堊43会管理人様
白堊51会HPへのリンク有難うございます、S51卒の八重樫恵一です。

さて、白堊51会のホームページを、従来のサービス終了に伴い引っ越しました。
お手数を掛けますが、白堊51会へのリンクを、以下の URLに変更をお願いします。
http://yaedon.la.coocan.jp/
また、こちらからもリンクさせてください。

以上、宜しくお願いします。

http://yaedon.la.coocan.jp/

▲たたむ  ▲TOP

NHK総合「歴史秘話ヒストリア」

続きを読む
 投稿者:森 義真(S47)  投稿日:2016年 9月 3日(土)22時
先般に引き続き、啄木がテーマのテレビ番組を紹介させていただきます。
啄木と節子の生誕130年記念番組です。よろしければご覧ください。

NHK総合「歴史秘話ヒストリア」 2016年9月16日(金)20:00~20:43
「妻よ、私がバカだった ~石川啄木と妻・節子~」
案内人:井上あさひアナウンサー

<内輪話>
* 1月と8月、石川啄木記念館や川崎展望地などでロケ撮影が行われました。
* ロケにはほとんど立ち合いましたが、今回、私は出演しておりません。(「家」の模型を指し示す手だけ映るかも・・・)
* 啄木研究家として、太田登氏と山下多恵子氏のインタビューが収録されていると聞いております。
* 実は、この番組は3月に放映される予定で1月にロケがありましたが、再現ドラマの主役が風邪のため収録できなくなり、延び延びになりました。
* 案内人も4月から井上さんに代りましたので、井上さんが来られて、今回ロケの撮り直しが行われました。
* 再現ドラマの啄木役は溝端淳平さん、節子役は川島海荷さんです。
* このドラマ作成にあたり、花婿のいない結婚式シーンのため、石川家と堀合家について家紋の問い合わせがありました。
* 石川家はすぐに「丸に笹竜胆」と答えましたが、堀合家の紋はわからず・・・、主に節子を中心に研究している方々にお尋ねしました。
* すぐにはわかりませんでしたが、2~3日経ってから「九曜紋」と判明しました。しかし、黒地に白か、白地に黒か、丸は・・・などは、まだわかっていません。
* いずれ、堀合家の紋はわからないように撮影したとのことです。
* ちなみに、盛岡藩主であった南部家の紋は「南部鶴」ですが、これは「対い鶴に九曜」です。
* すなわち、二羽の向かい合った鶴の胸に、それぞれ九曜の紋が入っています。
※ 堀合家の家紋につき、何かご存知の方がおられましたら、教えてください。

よろしくお願いいたします。

http://www4.nhk.or.jp/historia/

▲たたむ  ▲TOP
  ▲TOP